エコキュートとは給湯器の一種で、空気の熱でお湯を沸かします。
エコキュートはあくまでも愛称であり正式名称は「自然冷媒ヒートポンプ給湯器」です。
ヒートポンプによって空気中の熱を汲み上げその空気を圧縮することで更に熱上昇させ、その熱によってお湯を沸かす仕組みです。
気体は圧縮すると温度が上がり、急激に開放すると温度が下がるという性質があり、ヒートポンプは正にその性質を利用した機器なのです。
ヒートポンプによって取り込まれた大気中の熱を一度自然冷媒が受け取り、圧縮することによって高温化し、熱を水に渡すことでお湯が作られています。
熱の受け渡しには熱交換器が使用され、冷媒は水熱交換器で水に熱を渡した後低音になり空気交換器へと戻り、これをひたすら繰り返します。
エコキュートの消費エネルギー量は従来のヒートポンプ式電気温水器の3分の1程度となり、少ないエネルギーでお湯を沸かすことが出来、自然界にある二酸化炭素を使用していますので、直接二酸化炭素を排出しているわけではありません。
しかもエネルギー消費量が少ないですから環境だけでなくお財布にも優しいです。42円物件の分譲について